丹生津姫神社へ


ゆの里に来たら、必ず訪れるのは

「天野(和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野)」

にある

丹生津姫神社(にゅうつひめじんじゃ)。

丹生津姫は、六甲の瀬織津姫とも陰陽関係にあるとも言われ、内なる神、内なる自分と繋がる女神様。

その関係もあってか、3年前に、ここの太鼓橋(この世とあの世の架け橋)を渡る際に撮影されると、自分の周囲が発光体に包まれたことがありました。

見える人には

「女神が見える」

と言われたり

「丹生津姫様が降臨されている」

とも言われましたが、真相はわかりません。

今年は至って普通にカシャッ。

丹生津姫神社は、本殿も素晴らしいですが、境内裏側に廻ると様々な石碑が建っており、その歴史も極めて古いもの。

その中に

「天下泰平」

が刻まれた石碑も。

昔もよく来たのでしょうか。

とても大好きな神社の1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です