5G普及地域とコロナウイルスの関係性

EUyhz7CVAAASdHP



発生当初から、コロナウイルスの感染者数と5G導入国との関連性が指摘されていましたが、今もなお、その噂は広がっており、ついにイギリスでは5G基地局が燃やされるという事件にまで発展しました。

「陰謀論にもほどがある」
「オカルトとしか思えない」

などなど、デジタルの電磁波とアナログのウイルスに関連性のあることを否定する意見が多いものの、電磁波研究は世界の軍事機関におけるトップシークレットの分野であり、都市伝説とも言える電磁波兵器などは遥か昔に研究開発されています。

電磁波、もっと言えば周波数の世界は、使い方次第では生活に便利なツールとなるだけでなく、サウンドヒーリングや周波数治療などの医療分野においても有益なものですが、一歩扱いを間違えると人々を殺傷するほどの危険な兵器や武器にもなります。

想像以上に周波数と電磁波における生態系のコントール実験は進んでおり、周波数(電磁波)1つで人を肉体的にも精神的にも疾患にすることは可能で、また人々の集合意識も誘導することができます。

そういった中でウイルスを活性化させたり、蔓延させる周波数もあるかもしれませんし、逆に免疫力を低下させる周波数もあるかもしれませんので、どういった作用によってコロナウイルスと関係しているのかは、分かりませんが、一概に

「電磁波とコロナウイルスは無関係」

とぶった切ってしてしまうのは、ちょっと浅はかであります。

IMG_8831



新型コロナウィルス感染率: /百万人

【5G未導入国】
ミャンマー 0.1
エチオピア 0.1
バングラデシュ 0.3
ナイジェリア 0.5
インド 0.7

【5G試験中】
エジプト 6
パキスタン 7
ロシア 9
フィリピン 11
ブラジル 18

【5G導入国】
アメリカ 374
フランス 576
ドイツ 689
イタリア 1529
スペイン 1556

人口100万人あたりにおけるコロナウイルス感染者数の割合を見ると、圧倒的に5G導入国が高い数値となっています。

インドは人口13億人、パキスタンもブラジルも2億人、ロシアも1億4千万人、フィリピンも1億人以上もいるので、もちろん人口が多ければ感染者数そのものは多くなりますが、これは100万人あたりの感染者数であり、アメリカとヨーロッパの先進国、それも5G導入国がケタ違いの高い数値になっています。

IMG_8835



アメリカと韓国が世界に先駆けて2019年春から本格的に5G導入に取り組み、中国も追従して2019年秋から猛スピードで5G導入を本格的に進めました。

中国の武漢は、5G先進都市の1つであり、2019年秋の時点で市内に5,800基もの5G基地局を設置し、これは中国中部で最大、全土でも3番目の規模の設置量でありました。

そして今となっては世界一のコロナ感染国家となったアメリカも当然ながら5G最先端国であり、そしてアメリカ50州の中でも感染者数と死亡者数が極めて高いニューヨークもアメリカにおける武漢、5G先進都市であります。

スクリーンショット 2020-04-05 8.51.35



その逆もしかりで、アメリカ50州の中で最後の最後まで

「感染者数0」

を保ち続けていた州が1つだけありました。

現在は僅かな感染者が出ましたが、そこは

「ウエストバージニア州」

という州です。

人口は180万人と決して多くはないものの、それでも50州の中では38位の人口で、決してもっとも人口が少ない州ではありません。

「米ウエストバージニア州の謎?」

と見出しが付けられるほど、コロナウイルス感染者が出ない不思議な地域として世界に知られることになりましたが、このウエストバージニア州には

「グリーンバンク」

という140名ほどしかいない特殊な町があります。

mig



グリーンバンクには、世界最大の可動式電波望遠鏡の天文台があり、微細な電磁波や電波も観測の影響が出てしまうため、この天文台の半径16kmの地域では、電化製品や電波を発する機器の使用が禁止・制限されています。

大自然の中は別として、人々が暮らす一般的な町という社会においては、世界一電磁波がない町グリーンバンク。

そのため、グリーンバンクは、電磁波過敏症の人々の聖地となっており、電磁波過敏症で悩む人々が次々に移住しているそうです。

もちろんウエストバージニア州全体にとってグリーンバンクは小さな町ですが、それでもアメリカで最も電磁波のない地域を抱えるウエストバージニア州が、最後の最後まで誰一人ともコロナウイルスの感染者を出さないでいたのは何か関係があるのかもしれません。

スクリーンショット 2020-04-05 9.07.28



そして感染拡大と死者数が尋常ではないヨーローパ。

総務省が発表している世界各国の5Gへの取り組みのレポートでは、ヨーロッパで真っ先に5G導入先進国として名前が上がっているのは

スイス(世界初1000万人以下の国で感染者1万人超え)

イタリア(死者数1万5362人 [世界1位] )

スペイン(死者数1万1744人 [世界2位] )

の3国です。

これらすべてが偶然の一致なのか。

前述したように、ウイルスと5Gが何かしらの関連性があるのか、それとももっと過激な陰謀を考える人の中には、表向きウイルス感染と称して5G電磁波で人口削減をしているという話も・・・。

IMG_8832



そして、ご存知の通り日本も3月25日、26日、27日の

「567(コロナ)」

の三連チャンで各通信会社の5Gサービスが本格的にスタート。

東京五輪の延期発表とも重なった影響もあるのでしょうが、この3月下旬から日本国内の感染者数も激増。

一方でまた、世界的にはウイルス騒動の影響から外出自粛、外出禁止の動きが高まっており、それは反対に5Gなどの通信インフラの整備がより普及しやすい理由にも。

5Gの普及、通信革命などは、これまでの都市集中型の働き方やコミュニティケーションの革命が起こったりと、新しい生活スタイルへ切り替わる良いきっかけにもなりますが、その副作用とも言える電磁波からの影響については真剣に対策を考えていく必要性もあります。

やつはSHOPにおいては、電磁波対策について、これまで8年間以上も情報発信と商品研究をしており、世界中から様々な技術を取り入れた商品も取り寄せましたが、5Gが始まって圧倒的に需要があるのが、以下の2つ(2種類)。

╋━━━━━━━━━━╋
   オススメNo.1
╋━━━━━━━━━━╋

0000000000742



テクノAO 一般家電用(PC15)
価格 : 14,600円(税込)

【関連記事】
電磁波から健康を守る「テクノAO」

スマホに取り付けることができる電磁波対策グッズです。
開発プロデュースは、あの電磁波の世界的権威者である増川いづみ博士。

世界の研究機関で臨床実験を10年以上、総額10数億円にも及ぶ研究開発を繰り返し、
今となっては世界中で代理店が広がっている世界トップクラスのシェアを誇る電磁波対策グッズ。

それは電磁波そのものをブロックするのではなく、
商品の中に組み込まれたバイオ溶液から送られる自然周波数が、電磁波などを補正し、
人間の細胞やDNAが電磁波から影響を受けないようにバリアをはる原理です。

5Gにも対応。これから始まる5Gキャリアの時代において、スマホ利用者は必須ともなるアイテムです。

同じ原理で家の中全体を整えたい、守りたいのであれば「ミニエネルギーバランサー」がオススメ。

0000000002722



ミニエネルギーバランサー
価格 : 86,700円(税込)

【関連記事】
電磁波対策の強い味方、ついに本日発売「ミニエネルギーバランサー」

╋━━━━━━━━━━╋
   オススメNo.2
╋━━━━━━━━━━╋

2_000000000585



ソマヴェディック メディック スカイ5G
価格 : 132,000円(税込)

【関連記事】
世界で話題となっている量子発生装置 最新版の最高峰モデルが日本上陸

世界的なヒーラーのイワン・リビャンスキーさんが開発した、地球のコア(核)エネルギーを取り入れる装置。

その中でも電磁波、それも5Gにも特化した製品開発をしており、こちらも様々な臨床データをとっております。

鉱物の振動を利用した波動装置でありますが、
世界的に爆発的に人気と需要が高まり、日本でも着々とブームが起こっている大人気商品です。

5Gの時代、いくつかタイプはありますが、まずは電磁波に特化したこちらをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です