ワクチン国民全員接種の2021年と2030年の未来都市計画へ

□∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞□

やつはメールマガジン Vol.485

発行者:やつは代表 滝沢泰平
   ( 令和2年06月05日 号 )
□∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞□

──◆◇◆◇───────

今日のお知らせ(NEWS)

───────────◆◇

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□

ワクチン国民全員接種の2021年と
2030年の未来都市計画へ

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□

今週気になったニュース。

rectangle_large_type_2_c5ca649bb80eb560bb71947ac6cf03c5

6月2日
「2021年前半開始」国民全員に接種 新型コロナワクチン巡る厚労省プラン(毎日新聞)

ついに出てきた

「国民全員ワクチン」

の話題。

まだ

「強制」

ではありませんが、日本政府よりも権力を持ち、実質“CIA管轄”である厚生省が計画し、
同じくCIA管轄の宗教団体の創価学会における政治部門の担当“公明党”が進めています。

ネット社会では賛否両論出ていますが、圧倒的に危惧している声の方が多く

「こんな早くできるワクチン大丈夫か?」
「全員接種とかキチガイ」
「アベノワクチン、まずは議員から」

などなど、否定的意見が飛び交っています。

いかんせん、ニュースタイトルにもあるように

「2021年前半開始」

という1年以内の超特急のワクチン製造&接種のプロジェクトであり、
これは当然ながら

「東京オリンピック」

が絡んでいるから。

「東京オリンピック前に日本国民全員コロナワクチン接種しているので安心ですよ」
「さぁ、日本人も世界中の人々も安心してオリンピックを開催しましょう」

という名目。

ここまでくると、オリンピックも狂気の沙汰であり、
金に目が眩んだ亡者達の死の祭典としか思えません。

今回のコロナ騒動も、世界的に茶番であったのが明らかになりつつあるように、
当然ながら、その延長戦にあるワクチン接種も茶番劇。

その目的は

「ワクチンビジネスでボロ儲け」

だけでなく

「ナノチップ入りワクチンで人口削減&管理社会」

などがあり、すべてのワクチンが有害とは言い切れませんが、
今回のワクチンにおいて

「百害あって一利なし」

であり、任意接種であろうと、強制接種であろうと、
基本的には断固として拒否する方が良いでしょう。
(もちろん個人の自由ではありますが・・・)

今回のコロナワクチンに、かねてよりの計画であるナノチップが混入されるかどうかはわかりませんが、
通常の新型インフルエンザレベルのワクチンでも、水銀をはじめとする防腐剤と称した添加物が入っており、
ワクチン接種には、何かしらの副作用、有害性があります。

免疫力を下げて、他のウイルス感染を招く可能性もあれば、
不妊症となったり、直接的にも間接的にも人口削減に関わる意図が隠されていると思います。

5Gを電磁波、周波数兵器としての視点で見れば、
5Gに何かしら反応するナノチップを混入することもでき、
今後は

「ワクチン接種」
「5Gの拡大」

この2つの流れも注意深く観察しておくことが必要です。

そして、もう1つ最近静かに話題になっているニュース

「スーパーシティ法案可決」

というもの。

l_bit201812251756326262

そもそも、スーパーシティとは何なのか?

内閣府が3月に公表したスーパーシティ構想案によると

「移動、物流、支払い、行政、医療・介護、教育、エネルギー・水、環境・ゴミ、防犯、防災・安全の10領域のうち少なくとも5領域以上をカバーし、生活全般にまたがること」
「2030年頃に実現される未来社会での生活を加速実現すること」
「住民が参画し、住民目線でより良い未来社会の実現がなされるようネットワークを最大限に利用すること」

という3要素を満たす都市と定義されています。

まぁ、これだけだとわかりづらいですね。

以下の内閣府がまとめた、実際のスーパーシティの社会構想をまとめた動画が一番わかりやすいかもしれません。

「スーパーシティ構想の実現に向けて」

5Gなどの通信インフラをはじめ、スーパーコンピュータなどを使った最先端IT技術はもちろん、
AI(人工知能)やロボットなども駆使し、生活に関わるすべてを自動化、効率化した未来都市。

スーパーシティでは「自動運転」が当たり前であり、スマホで出勤時間を登録しておけば、
自宅前まで「自動(運転)の自動車」が配置され、道路も自動運転車用に整備された街を走ります。

信号なども、人の流れや車の量などを自動計算しながら、最適なタイミングで切り替わり、
また安全性も徹底的に考慮されて事故もありません。

買い物もすごく効率化され、当然ながらスーパーシティではキャッシュレス。

カードやスマホで決済どころか、顔認証で買い物もできてしまいます。

そして、買ったものをそのまま持ち帰らずとも、宅配手配をすれば、
ドローンが配達に。

また、自宅の居間が遠隔診療の病院ともなり、子供部屋も遠隔教育によって、
世界中の最先端教育を受けることができます。

「ドラえもんがやってきた未来の世界みたい・・・」

ドラえもんを知っている人には、そんなイメージがわかりやすいかもしれませんが、
これは、今から10年後の

「2030年の暮らし」

として、政府が想定している当たり前の未来社会であり、
今は未来でも、10年後では、今の社会が

「旧い社会」

であり、このスーパーシティが

「今の社会」

の標準モデルとなっているかもしれません。

「わずか10年でこんな社会が日常なんて?」

と思うかもしれませんが、近代文明、特に近年のテクノロジーの進化は目まぐるしいものであり、
過去の10年が1年、太古の1000年が1年の時代です。

特に2020年代の10年は、産業革命以来の大転換が様々な分野で起こる可能性があり、
今では想像のつかない10年後の世界がやってくると思います。

むしろ、、、

「“その未来がある”からこそ、“引き起こされた”コロナ騒動」

でもあります。

ややこしい話ですが、今、我々は2020年の最先端のタイムラインにいるので、
今の技術、今の社会、今の文明が最先端の世界だと思い込んでいますが、
これは

「あくまでも表世界の表面」

の出来事。

表向きの社会の流れとは別に、裏社会においては、
もう様々なテクノロジー、エネルギー、次の時代に必要な叡智は完成しており、
今の最先端と“思われている”技術を数十年、遥かも先にいく技術も水面下では存在しています。

その1つがフリーエネルギーであり、その応用の形が円盤でも。

この文明世界そのものを運営しているメンバーにとっては、
未来は実現できるかどうかの不確定要素ではなく、
それこそドラえもんのポケットから

「いつ世に出すか?」

だけの確信・確定された約束の世界。

「こんなこといいな できたらいいな」

ではなく

「こんなことも、あんなことも全部できるけど、いつ出すか?」

の感覚ですが、ただタイミングがとても重要なこと。

なんでも早すぎては意味がなく、むしろ危険が多く、
時には人類にとって有益な道具となるものも人類を滅亡させる武器になってしまうもの。

これもまた宇宙の法則、人々の集合意識や文明レベルによって調整されており、
ミロクの楽園社会となるのは、結局のところ人々の意識がミロクの意識となるのが最も近道となります。

何より、新しい社会の創造は、一部では旧い社会の破壊とも繋がるものに。

一気に180度入れ替えてしまうと、大規模な社会崩壊が先にやってきてしまうことにもなります。

「2030年からは、この程度の社会」
「2040年にはここまで、2050年以降は・・・」

“彼ら”の計画は、より細かく、より長期的に存在していますが、
それも100%確定したパターンだけでなく、前述したように人々の意識次第であらゆるパラレルの世界に。

いずれにしても、今回のスーパーシティ構想は、夢物語ではなく、
ある意味この程度であれば、眠っている技術を少し使って、すぐにでも実現可能な近未来社会。

そして、今は10年後の未来を先取りして、
モデル地域を日本に実験的に創出する計画が動いております。

そのために必要な法案の可決。

picture_pc_142b1206537322caae75cdce76afa2b1

すでに昨年から本格的にモデル地域の募集を開始し、

「グリーンフィールド型(白地から未来都市を作り上げる)」
「ブラウンフィールド型(既存の都市を造り変える)」

の2つのパターンのモデルスーパーシティ計画があり、
まったくゼロから都市を構築するグリーンフィールド型は7つの団体(地域)がエントリー。
(大阪府市、鎌倉市、牧之原市、三重県多気町、和歌山市など)

ブラウンフィールド型は、47団体がエントリーしています。

国が全面支援し、地域の自治体、そして地域の大企業、住民が連携して、
未来都市の社会モデルをリアルな生活ベースで実現していくプロジェクト。

とりあえず現段階でも突っ込みどころは満載ですが、
中立的な立場で見れば、計画の段階で良いところも改善点も多々あると思います。

今の大都市一極収集型の社会モデルは限界であり、
これからの超高齢化社会、様々な天変地異などが起こる未来においては、
今の社会構造は、もうなす術がなく崩壊していきます。

「新たな社会モデルの創造」

は急務であり、そういった意味では、大都市に限らず、テクノロジーを駆使して、
より安全性も生産性も高い都市を造るのは、ある程度は必要不可欠なもの。

とはいえ、視点が

「人間社会の効率化やメリットのみ」

に特化されて都市計画を進めると、これまで以上に

「自然の循環」
「宇宙の法則」

は無視されるものであり、一見は人間にとって理想的な未来都市に見えて、
いよいよ地球破壊のテクノロジー社会の最たるものとして、“法則”から大きなしっぺ返しを受けることになると思います。

自然との共存、生命の循環、人間が暮らすこと、社会が活発化すればするほど、
地球環境も改善されていくような未来都市であれば、これが次の時代のスタンダード都市となるのは間違い無いでしょう。

エコロジーとテクノロジーの融合・統合。

片手落ちでは、必ず淘汰されるので、どこまで日本もこの法則を理解して、次の社会、時代を創造できるかがキーとなってきます。

もし、テクノロジーのみに特化されたスーパーシティとなれば、
その中身は、5G電磁波による健康被害だけに留まらず、ICチップによる徹底管理の完全統治社会のモデルができるでしょう。

そして、これから来る未曾有の地球大変動によって、
この愚の骨頂の未来社会は今文明の末期的象徴として呆気なく終焉を迎えると思います。

でも、我々はこのスーパーシティの流れとは別に、
独自の社会モデルをこれから生み出していくつもり。

政府主導のマクロの世界でも、新たな社会コミュニティの創造、
我々のようなミクロの世界でも、新たな社会コミュニティの創造。

旧世界の体制が大きく切り替わり、あらゆるものが新しい体制に切り替わっていきます。

年齢問わず、頭の中がいつまでも、旧い体質でいると、あっという間に世界の変化に置いて行かれます。

今までの社会、今の社会が当たり前に今後も継続すると思い込むのは危険。

今のままのタイムライン上には、どこにも継続できる未来、継続できる地球はありません。

善悪抜きにして、とにかく“変化”のきっかけを起こしたかった世界同時コロナ騒動。

短期的には、色々と社会崩壊や様々な危機がさらに演出されると思いますが、
やがて旧社会が淘汰されて新世界が始まった後に振り返り

「あの時のコロナショックがなければ、今の社会にまで変われなかったかもしれない」

と言われる日が来るかもしれません。

そして、旧い価値観、世界の崩壊が迫る中、今までの役割を終えた旧都市の今後についてを少し考えた方が良いと思います。

東京もまた今のままの東京で居続けるわけもなく・・・。

日本から始まるスーパーシティ構想。

せっかくなら世界に誇れる循環型モデル都市となることを願っております。

slide1

──◆◇◆◇───────

 今週の新商品

───────────◆◇

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□

新発売!
近江の麻を使った安眠枕

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□

0000000006072_ykXc34K

《ねいるケアあんみん枕》
価格 : 13,200円(税込)

<商品ページはこちら>

1日に寝る時間はどれくらいですか?

6時間の人は1日の4分の1が睡眠。
8時間の人は1日の3分の1が睡眠。

人生で考えると、人生の3分の1、4分の1が睡眠の時間です。

人生における30%以上の時間をどれだけ大切にするか。

できれば寝ている間こそ、心身が最も癒され、
魂までもがくつろげる時間にしたいもの。

神室は寝室。

寝具は神具。

やつはSHOPでは、これまで以上に寝具にこだわりを持ち、
1人ひとりにマッチした最高の睡眠を実現できる情報や商品をご紹介できればと思っています。

そういった中、寝具の中でもクラウンチャクラを始め、
スーパーコンピュータとして機能している頭を休める枕は最も重要なパーツ。

「枕ジプシー」

の人も多いと思いますが、自分も枕ジプシーの1人であり、
長年マッチする枕とは出会えなかったですが、そんな中に出会った今回の

「あんみん枕シリーズ」

は、今に至るまで長年使い続けるほどの大ファンに。

使われている素材も天然素材、そして枕研究家による徹底的な安眠の研究によって実現した枕の設計は、
確かに驚くほど快適な枕となっています。

002

睡眠に良い枕は、角度が大事であり、
横になったときに真上ではなく、5度程度前方にあることが望ましいとされています。

この角度が『楽に腹式呼吸が可能』となり、『全身がのびのびとリラックス』できるとともに、
『安らぎのやさしい寝顔』になれます。

スクリーンショット 2020-06-05 11.51.58

低すぎたり、高すぎたりすると眠りが浅くなったり、いびき・肩こりなどの原因になってしまいます。

009

以下は、以前に発売した「ヘンプ生地」のタイプの枕を使ったお客様からのレビューですが、
今回は「近江麻」を使ったタイプの新商品。

是非、今後の人生の睡眠の質を上げるためにもご活用くださいませ。

<お客様の声>

★★★★★
2019/01/31 tomoさん
肩こりや腰痛で毎月整体に行っていました。妻も朝起きる度に身体が硬直して目覚めが悪い様子。
色々と調べる内に布団と枕が重要という情報にたどり着き、早速、某デパートの寝具売り場に。
*川などの有名布団や枕を見ましたが、何やら違和感が。
中途半端な値段のセットを購入するくらいなら…と、やつはさんの『あんみん枕』の事を思い出して即購入。
枕に頭を埋めると、ほわぁっと暖かく(うさと服をまとった時の感覚)、気持ち良く眠りに着きました。
翌日の目覚めの心地良かった事!身体も軽くて自分にはピッタリの枕でした。(妻は高さ調整中ですが、以前の目覚めの悪さは無い様子)
中途半端に布団セットを買う位なら、この枕に投資した方が絶対良い!購入して良かったです!

★★★★★
2019/01/31 Charさん
今まで、通販や枕専門店等々沢山の枕を使って来ましたが、2時間以上眠れた事がなく、自分はショートスリーパーなのかもしれないと諦めていました。
この枕も使い始めた頃は、全くしっくり来なくて、なんと首の痛みが酷くなる始末。
ところが、暫くしてだんだん眠りの質が良くなり、首も楽になり、安眠出来るようになったのです。これは本当に”あんみん”枕だと思います。

★★★★★
2017/05/13 一得さん
いやービックリしましました。今まで、そば殻の枕を使っていて一番しっくりくると思っていたんです。
ですが朝起きるとたまに寝違えたように首が痛くなっていることがたびたびありました。
ちょっと、値段が高いと感じましたが思い切って買ってみました。商品が来たときは、枕の高さが低いように感じましたが、
とりあえず、自分である程度高さ調節もできるので高くしてみましたが今までの半分ぐらいの高さしかないので、なんとなく物足りなさを感じましたが、いざ寝てみると本当に熟睡できました。
安眠枕を使うようになってからは、首の痛さを感じることもなく
気持ちの良い朝を迎えられるようになりました。
感謝!

★★★★★
2017/05/08 ルビーさん
寝心地いいです!
ぐっすり眠れます!
ありがとうございます!

★★★★★
2017/03/27 うさこさん
自分にしっくり合う枕がなかなか見つからず、色んな枕を使用していました。
やつはさんのヘンプシリーズは好きで、靴下やマフラーなどを購入して使わして頂いています。
ヘンプあんみん枕が発売された時、迷わずに直ぐ購入を決めました。
首や肌にあたる部分はサラリとしてとても気持ちがいいし、何といっても朝目覚めた時に首の痛みや違和感が無く、枕の高さや硬さが自分にあっているのだと思います。寝返りもうちやすいです。
購入して満足しています。

★★★★★
2017/01/28 ソフィアさん
朝起きるとなぜか肩が凝っていたり、寝違えて首が痛くなることがあり、どうしたら良いのかまくら選びに困っていた所に、たきざわさんのブログで紹介されていて、一度はスルーしましたが、やっぱり気になったので購入しました。
半信半疑ではありましたが、1日目の朝からめちゃくちゃスッキリで、肩こりもなく、首や肩の疲れが取れているのがわかりました!
麻の材質も良く、横を向いた時の高さも丁度よく、ようやくホントに良いまくらに出会えて感謝です!
ありがとうございます(^^)

★★★★★
2016/12/28 りくぱぱんさん
使い始めて約1週間のレビューです。
初日の夜 実はなんの調整もせずに寝てみたのですが、翌朝は少々首に痛みが。
それもそのはず、身長180cmぐらいの方はAパート部分に付属のウールを2/3ほど加えて下さいとあるので二日目からは指示通りにしましたところ、これは良い!!と思いました^^。
横臥姿勢になっても横のふくらみがちょうど良い方さとやわらかさを実現していて、
寝心地の良さは、低反発、高反発枕とくらべてずっと良いです。
低反発は確かにしっくり感は高いのですが、洗濯ができない欠点がありますし、高反発はそもそもぷにゅぷにゅしすぎて頭が落ち着かず私には合いませんでした。
追加で妻の分も購入決定です。
これで枕ジプシーから開放されそうです^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です