瞬間瞬間を100%で生きれば

スクリーンショット 2020-02-09 20.28.26


2020年はリトリートドーム建築が大きな目標。

5年前、まだ最初のドームハウスを建築中にも関わらず、近所に1500坪の広大な敷地が突如売りに出ていたので、何に使うかも決めずに直感で購入。

「メガソーラー業者に開発される前に」

当時の八ヶ岳は、あちこちで山や森がメガソーラーに開発されているのもあり、近隣に変なものが作られないように守る意味も込めて。

途中、知人何名かに売買の話はあったものの、結局は手放せずに

「いつか地域や世の中のために使おう」

と思っていた“いつか”は、思ったよりも早くやってきて、ここに皆が集える最高のドームハウスコミュニティセンターを作ろうと思っています。

今のところ、直径12mのがらんどうリトリートドームをベースに、理想を掲げたら宿泊棟も10mほどのドームゲストハウスも。

リトリートドームは、ヨガクラスはもちろん、空手や合気道などの武道、踊りや舞も含めた様々なダンスレッスン、音楽スタジオ、音楽ホール、映画館、講演会場、展示会場、プラネタリウム・・・使い方は無限。

ドームゲストハウスは、ドームに泊まれるだけでなく、中には癒しや治療、各種ヒーリング関係の施術や体験もできたり。

これら2つのドームに加え、さらに地域で食に困っている人々(お店を持ちたい夢を持つ人へのシェアカフェ、母子家庭、単身者やお金に困っている人が気軽に食べられる)に役立つカフェレストランドームも敷地内に作れたら。

カフェドームは丸型ドームではなく、三角パネルを使った8角ドーム、またはもっと数の多い多角ドームで、景色が良い敷地を有効利用して、理想は目の高さは、360度パノラマのガラス張りドーム。

これら3つのドームをデッキで繋げ、宇宙ステーションのようなドームヴィレッジを作るのが夢であり、田んぼも徒歩1、2分の立地なので、ここで不登校の子供を受け入れたり、都会の子供達に自然体験をさせてあげられる農園学校も作れたら。

とはいえ、理想や妄想は自由でも、現実は予算がある世界。

ずっと避けていたクラファンも視野に入れつつも、まずは慈善活動をしたい投資家層に相談しながらも、宇宙学校メンバーをはじめ、ご縁ある方々と知恵を人脈を振り絞りながら、必ず形にしていきたいものです。

スクリーンショット 2020-02-09 20.28.59
スクリーンショット 2020-02-09 20.29.16
IMG_7629

敷地からのメインは雄大な南アルプス連峰であり、位置によっては美しい富士山、八ヶ岳も見える山々と農地に囲まれた素敵な立地です。

が、、、そもそも用水路をまたがないと敷地にも入れず、伐採作業がひと段落するも、これから重機を入れるための橋づくりからしないと。

とりあえずは最初は鉄板の仮設の橋になるかとは思いますが、春分までに敷地を片付け、それまでに高低差や地盤などもチェックし、上記計画をより現実にするためのプラニングの繰り返し。

IMG_7631

毎朝、散歩しながら敷地の前や中でイメージを繰り返し、あーでもない、こーでもないと妄想するのが、自分にとっては至福の時間。

2015年11月にやつはドームハウスが誕生、2018年4月にやつはエコハウス(本社)が完成、2019年に八角ドームや秘密のお風呂場も作り、2020年はリトリートドームの計画。

よく、うちに来客に来られる方は

「去年はこんなのなかったのに、いつの間に?」

という感じで、来る度に敷地の光景が変わっていることを驚かれますが、性分なのか、1つのプロジェクトをやっているうちにもう次のプロジェクトが頭の中をよぎり、目の前のものを形にする前にもう次に意識は動いてしまいます。

リトリートドームなんかも、まだ始まっていないのに、頭の奥には、また別のドームビジョンなどが次々に。

自分の大妄想の世界からすれば、これまでやってきたことは、まだまだ最初の一歩にも満たないもの。

人生、いつ何が起こるかもわからないので、妄想を妄想で終わらせず、形にできるよう常日頃より100%で動けば、必ず現実化するし、瞬間瞬間を100%で生きれば、夢半ばで力尽きても悔いなく外野で応援に回れます。

いずれにしても、これまでほぼ個人で動いてきたものを、今年からは色々な人を巻き込みながら、より加速して形にしていけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です