聖地出羽三山へ

山形は、久しぶりに修験道の聖地出羽三山へ。

出羽三山といえば、御開祖の蜂子皇子( はちこのおうじ)が、疫病を焼き祓ったことから開山された疫病退散の御利益中心地。

新型コロナウイルスがまだ収束しない今、様々なお祈りを含めて訪問。

そして、蜂子皇子といえば、5世紀の当時最大のサイキックヒーラーとして活躍していた人物であり、これまた現代に生きる蜂子皇子のような偉大なヒーラー、そして偶然にも「蜂っ子」という名前の健康食品を手がける鳴海周平さんとの出羽三山です。

まずは羽黒山へ。

到着直後は天気に恵まれましたが、山頂に向かうと突然の雷、超土砂降り。

龍神とも縁がある羽黒山、出羽三山だけあって、熱烈歓迎ムードでした。

参拝後は見事にピタリと雨も止み、晴れ間が出るほど。

羽黒山、月山、湯殿山の出羽三山は、それぞれ妙見信仰(星)、月信仰、太陽信仰と繋がる山であり、エジプトラムセス2世も絡んだ太陽信仰一辺倒の時代から、月と星の復活&統合の時代の今、とても重要なキーとなる聖地です。

特に最後に訪れる予定の湯殿山は、この信仰文明の原点ともいえる核の部分が隠されている場所。

なお、本日は久しぶりに鶴岡にある日本唯一の

「黒マリア様」

にもご挨拶。

カトリック鶴岡教会天主堂には、世にも珍しい黒マリア像が祀られています。

思えば、この黒マリア、ブラックマリアの本拠地であるスペインのモンセラットを訪れて、そのままマグダラのマリアの軌跡を追う旅から様々なことが始まったようにも思えます。

今から5年も前のこと。

思い返すと、懐かしい旅の思い出が山ほど。

また世界を旅する日が早くやって来ることを願っています。

3 件のコメント

  • こんにちは。 田中 美和 と申します。
    滝沢さんの 貴重な 体験をされた いろいろなお話しを伺う中、
    自分自身 に感じることがあり、また 実生活に活かせることに 感謝しています。
    7月は、今年 3年目となります、三輪山の参拝の
    初めての 登拝に参る 予定です。
    神様 と 仏様 が 見事に融け合って 大調和の世の中へ 。人の祈りが 響く三輪山へ 行ってきます。

  • タイムラグのあるコメントで失礼致します。
    昨年5月に長崎旅行計画中に検索で天下泰平さんを知り、ブログを読むようになり、知らない世界を知り、2010年からのブログも読み進めと、どっぷりとハマっておりました。
    MAYIMにも入会しています。

    コロナ禍後、県をまたぐ移動も解禁になったところで久しぶりに実家である山形県湯野浜に戻っておりました。
    旧友と湯殿山参拝を果たしたのも、ご一行が行かれた2〜3日前。
    あまりにものシンクロにとても興奮しました!

    天気が悪くて残念でしたね。

    興奮した割には、ひっそりとブログをのぞく小心者でしたので、今頃コメント致しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です