哲学的アーティスト ダニーロ・強

ウクライナ初の次世代楽器

“グーダドラム”

を日本に普及している「哲学的アーティスト」

“ ダニーロ・強(つよし)さん”

が、八ヶ岳宇宙学校「音楽」の先生として登場。

建物そのものが楽器とも言えるドームハウスの中で響くグーダドラムの音色は、全身から魂までも癒されます。

また、かつてはうつ病などで苦しんだダニーロさんが、見事に自分自身を取り戻したのが

“呼吸”

であり、そこから呼吸を独自に探究し続け、ダニーロさんは、呼吸のオリジナルメソッドを確立しました。

「オギャー」

と産まれてから

「息を引き取る」

まで、止まることなく当たり前に続いている呼吸には、潜在意識の自分を変えるほど大きな力が秘めています。

ダニーロさんは、呼吸のワークを使って参加者の

“状態を整える”

ことによって、その後のグーダドラムの音をさらに敏感に吸収できる意識へ誘導し、音の演奏へと入ります。

演奏を聴く側も、演奏をする側も同じエネルギー周波数で「場」が形成されると、その相乗効果は極めて高いもの。

より繊細な領域まで意識が高まっていきます。

8月8日には、再び八ヶ岳の地でドームハウスリトリートワークを開催するそうです。

今回は一般募集なので、ご興味ある方は是非ともライオンゲート(88)に「8の聖地」である八ヶ岳へどうぞ。

《改定》ライオンズゲート✵八ヶ岳リトリート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です